2019年 Accept論文

 

Classic Chronic Pancreatitis is Associated with Prior Acute Pancreatitis in Only 50% of Patients in A Large Single-Institution Study

受理日:

2019年2月8日

Authors:

Hori Y, Vege SS, Chari ST, Gleeson FC, Levy MJ, Pearson RK, Petersen BT, Kendrick ML, Takahashi N, Truty MJ, Smoot RL, Topazian MD.

雑誌名

Pancreatology

コメント

慢性膵炎 (CP; chronic pancreatitis) の発生機序は、急性膵炎 (AP; acute pancreatitis) から起こり、それが繰り返される (recurrent AP) ことにより形成されるというSentinel acute pancreatitis event仮説が主流です。しかし、Mayo Clinicにおける3年間のCP 499例の解析を行うと約1/2がAPの既往がなく、約1/4しかその仮説に当てはまりませんでした。またそれを10年間のpopulation-based studyにてvalidationを行い、同様の結果でした。現在、世界の慢性膵炎の多くの基準を作っている多施設ベースのNAPS (the North American Pancreas Study) group (13施設、477例) とHungarian Pancreatic Study Group (14施設、229例) とも比較し、本研究の精度の高さを単施設での解析で導き出すことができました。CPデータベース作成から論文作成までご指導いただきました留学先のprincipal investigatorのSanthi Swaroop Vege先生、Suresh T. Chari先生、米国生活を公私共に支えていただきましたNaoki Takahashi先生に感謝しております。また留学に際し、快く送り出して下さった全ての先生方に重ねて厚く御礼申し上げます。(堀)

“In a recent study to be published in Pancreatology by Dr Hori and colleagues from Mayo Clinic Rochester postulate an alternate mechanism for chronic pancreatitis in nearly half the patients diagnosed with the disease. The traditional understanding is that acute pancreatitis, leads to recurrent attacks, which eventually causes chronic pancreatitis. During a sabbatical in Mayo Clinic Rochester with Drs Vege and Chari, Dr Hori meticulously reviewed charts of nearly 500 patients with chronic pancreatitis and found that nearly half the patients never gave a history of prior pancreatitis. This confirms the findings of a recent population-based study from Olmsted County, MN, USA. Mechanism of “silent” chronic pancreatitis in these patients is unknown and needs further study”. (Suresh T. Chari and Santhi Swaroop Vege)

 

Endoscopic drainage using a lumen-apposing metal stent under contrast-enhanced harmonic endoscopic ultrasonography guidance

受理日:

2019年2月8日

Authors:

Hori Y, Yoshida M, Hayashi K, Naitoh I, Kato A, Miyabe K, Kataoka H.

雑誌名

Endoscopy

コメント

2018年11月に、本邦初の急性膵炎に伴う局所合併症 (膵仮性のう胞 [PPC] 及び被包化壊死 [WON]) 治療の専用システムとして、膵臓用瘻孔形成補綴材 (Hot AXIOS system) が限定施設認定で保険収載されました。当院でも使用させていただく機会がありましたが、内部が血液成分で満たされており、安全に穿刺およびステント留置が可能か困惑した症例でした。そこにソナゾイド造影を付加することで、血液成分とWONの壁を確実に認識でき、安全に処置を完遂できましたため報告させていただきました。処置ならびに論文作成に関して、ご指導いただきました先生方に厚く御礼申し上げます。何より一番の喜びは、この患者さんの病状が軽快し、退院に向かえていることです。(堀)

 

Feasibility and safety of duodenal covered self-expandable metallic stent fixation: an experimental study

受理日:

2019年1月25日

Authors:

Hori Y, Hayashi K, Naitoh I, Kato H, Nomura T, Miyabe K, Yoshida M, Jinno N, Natsume M, Kato A, Asano G, Takiguchi S, Nakajima K.

雑誌名

Surgical Endoscopy

コメント  カバー付き胃十二指腸ステントの機能不全の主原因として「逸脱」が挙げられます。それを予防するためのステント把持法を提唱する目的で、各把持法の有効性と安全性についてin/ex vivoで実験を行い、報告させていただきました。実験に際し、ご指導いただきました大阪大学次世代内視鏡治療学の中島清一教授はじめ、ご協力いただきました先生方に厚く御礼申し上げます。(堀)