溝下 勤

Tsutomu Mizoshita

  • 役職:講師
  • 卒業:1997年 名古屋市立大学
  • 略歴:

    愛知県がんセンター研究所・腫瘍病理学部、名古屋市立大学病院・救急部


専門分野

消化管疾患の診断と治療
炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管ベーチェット病)の診断と治療

研究テーマ

炎症性腸疾患の診断と治療
炎症性腸疾患および消化管腫瘍(胃癌、大腸癌、内分泌腫瘍)の胃型・腸型形質発現
動物モデル(Helicobacter pylori感染スナネズミ、マウス、ラット、など)を用いた胃発癌および炎症性腸疾患に関する研究

所属学会(資格)

日本内科学会:認定内科医、総合内科専門医
日本消化器病学会:専門医、支部評議員、学会評議員
日本消化器内視鏡学会:専門医、指導医、支部評議員
日本消化管学会:胃腸科認定医、専門医、指導医、代議員
日本がん治療認定医機構:がん治療認定医
日本医師会:日本医師会認定産業医
日本癌学会
日本癌治療学会
日本胃癌学会
日本消化器癌発生学会
日本カプセル内視鏡学会
日本ヘリコバクター学会

業績

Adalimumab treatment in intestinal Behçet's disease: Relationship with ectopic mucin 5AC glycoprotein expression and endoscopic improvement.
Mizoshita T, Tanida S, Joh T.
Dig Liver Dis. 2015 Nov;47(11):991-2. doi: 10.1016/j.dld.2015.07.007. Epub 2015 Jul 17. No abstract available. PMID:26250949

Adalimumab Treatment in Biologically Naïve Crohn's Disease: Relationship with Ectopic MUC5AC Expression and Endoscopic Improvement.
Mizoshita T, Tanida S, Tsukamoto H, Ozeki K, Katano T, Nishiwaki H, Ebi M, Mori Y, Kubota E, Kataoka H, Kamiya T, Joh T.
Gastroenterol Res Pract. 2014;2014:687257. doi: 10.1155/2014/687257. Epub 2014 Apr 16.

A case of punched-out ulcer occurring in the rectosigmoid colon with sudden onset of bloody stools.
Mizoshita T, Tanida S, Joh T.
Gastroenterology. 2011 Aug;141(2):e9-10. doi: 10.1053/j.gastro.2010.05.092. Epub 2011 Jun 30. No abstract available. PMID:21723286

Message

炎症性腸疾患の患者様の診療を主に行っています。 炎症性腸疾患の領域は、カプセル内視鏡やダブルバルーン内視鏡による診断・治療の進歩および新規薬剤の登場で劇的に進化しており、やりがいのある分野だと考えています。 若手の先生方、研修医の先生方、これから医師になられる学生のみなさん、興味があるようなら是非一緒に炎症性腸疾患の診療に携わりましょう!!。