田中 智洋

Tomohiro Tanaka

  • 役職:准教授
  • 卒業:1998年 京都大学
  • 略歴:

    北野病院(大阪)、京都大学内分泌代謝内科(旧第二内科)、
    京都大学腫瘍生物学講座(旧第二病理)、先端医療センター(神戸)、
    京都大学メディカルイノベーションセンター


専門分野

内分泌・代謝疾患の診断と治療
糖尿病の診断と治療、肥満症の診断と治療

研究テーマ

脂肪萎縮性糖尿病の診断と治療
肥満症における視床下部機能異常の分子病態の解明、分子栄養学
NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)の病態の解明、オミクス科学

所属学会(資格)

日本内科学会:総合内科専門医
日本内分泌学会:専門医、指導医、評議員
日本肥満学会:専門医、指導医、評議員
日本糖尿病学会:専門医
日本心血管内分泌代謝学会:評議員
日本バイオインフォマティクス学会:認定技術者
日本アロマ環境協会:アロマテラピーインストラクター
日本甲状腺学会、日本神経内分泌学会、日本病態栄養学会、
日本糖尿病合併症学会、日本臨床病態医学会、日本動脈硬化学会、
日本肥満症治療学会、日本腎臓学会、日本超音波医学会、
日本分子生物学会、日本生理学会、The Obesity Society

業績

Hepatocyte β-Klotho regulates lipid homeostasis but not body weight in mice.
Kobayashi K, Tanaka T, Okada S, Morimoto Y, Matsumura S, Manio MC, Inoue K, Kimura K, Yagi T, Saito Y, Fushiki T, Inoue H, Matsumoto M, Nabeshima Y.
FASEB J. 2016;30:849-62.

Central melanocortin signaling restores skeletal muscle AMP-activated protein kinase phosphorylation in mice fed a high-fat diet.
Tanaka T, Masuzaki H, Yasue S, Ebihara K, Shiuchi T, Ishii T, Arai N, Hirata M, Yamamoto H, Hayashi T, Hosoda K, Minokoshi Y, Nakao K.
Cell Metab. 2007;5:395-402.

Skeletal muscle AMP-activated protein kinase phosphorylation parallels metabolic phenotype in leptin transgenic mice under dietary modification.
Tanaka T, Hidaka S, Masuzaki H, Yasue S, Minokoshi Y, Ebihara K, Chusho H, Ogawa Y, Toyoda T, Sato K, Miyanaga F, Fujimoto M, 
Tomita T, Kusakabe T, Kobayashi N, Tanioka H, Hayashi T, Hosoda K, Yoshimatsu H, Sakata T, Nakao K.
Diabetes. 2005;54:2365-74.

Message

糖尿病、肥満症、甲状腺疾患、副腎疾患、下垂体疾患などの内分泌代謝疾患の診療を行っています。主な研究対象は、栄養代謝の異常、特に未だに治療法が限られている、肥満症やNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)です。サイエンスに基づいた病態解明と、病態の正確な理解に立脚した診断・治療技術の開発を目指しています。最先端の医学と医療を共に創っていきましょう。