尾関 啓司

Ozeki Keiji

  • 役職:助教
  • 卒業:2001年 名古屋市立大学
  • 略歴:

    名古屋第二赤十字病院、名古屋逓信病院、NTT西日本東海病院


専門分野

炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎など)の診断と治療
小腸疾患の診断と治療
消化管癌の内視鏡的診断と治療

研究テーマ

炎症性腸疾患の診断と治療
小腸疾患の診断と治療
消化管癌の内視鏡的診断と治療

所属学会(資格)

日本内科学会:内科認定医
日本消化器病学会:専門医
日本消化器内視鏡学会:専門医、指導医、地方会評議員
日本消化管学会:胃腸科認定医
日本カプセル内視鏡学会:認定医
日本肝臓学会:専門医

業績

Telmisartan inhibits cell proliferation by blocking nuclear translocation of ProHB-EGF C-terminal fragment in colon cancer cells.
Ozeki K, Tanida S, Morimoto C, Inoue Y, Mizoshita T, Tsukamoto H, Shimura T, Kataoka H, Kamiya T, Nishiwaki E, Ishiguro H, Higashiyama S, Joh T.
PLoS One. 2013;8(2):e56770.

Combination Therapy with Intensive Granulocyte and Monocyte Adsorptive Apheresis plus Adalimumab: Therapeutic Outcomes in 5 Cases with Refractory Crohn's Disease.
Ozeki K, Tanida S, Mizoshita T, Tsukamoto H, Ebi M, Mori Y, Kataoka H, Kamiya T, Joh T.
Case Rep Gastroenterol. 2012 Sep;6(3):765-71.

Combination therapy with adalimumab plus intensive granulocyte and monocyte adsorptive apheresis induced clinical remission in a Crohn's disease patient with the loss of response to scheduled adalimumab maintenance therapy: a case report.
Ozeki K, Tanida S, Mizushima T, Mizoshita T, Tsukamoto H, Hirata Y, Murakami K, Shimura T, Kataoka H, Kamiya T, Joh T.
Intern Med. 2012;51(6):595-9.

Message

炎症性腸疾患の診断・治療を中心に診療を行っています。炎症性腸疾患は今後、患者様の増加が予想される疾患です。近年の治療の進歩により多くの患者様が寛解といわれる良好な状態を維持できるようになってきましたが、若年者に多く依然原因不明の難病です。若くやる気のある先生方とともに、炎症性腸疾患のよりよい診療を目指して頑張っていきたいと思います。