吉田 道弘

MIchihiro Yoshida

  • 役職:助教
  • 卒業:2001年 名古屋市立大学
  • 略歴:

    刈谷豊田総合病院、春日井市民病院消化器科、Emory University School of Medicine, Division of Digestive Diseases (博士研究員)


専門分野

膵・胆道疾患の診断と治療

研究テーマ

消化器癌におけるバイオマーカーの探索

所属学会(資格)

日本内科学会:専門医
日本消化器病学会:専門医
日本消化器内視鏡学会:専門医
日本肝臓学会:専門医
日本胆道学会
日本膵臓学会 日本消化管学会 日本癌学会 日本臨床腫瘍学会

業績

Deletion of Na+/H+ exchanger regulatory factor 2 represses colon cancer progress by suppression of Stat3 and CD24.
Yoshida M, Zhao L, Grigoryan G, Shim H, He P, Yun CC.
Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2016;310:G586-98.

A novel predictive strategy by immunohistochemical analysis of four EGFR ligands in metastatic colorectal cancer treated with anti-EGFR antibodies.
Yoshida M, Shimura T, Sato M, Ebi M, Nakazawa T, Takeyama H, Joh T.
J Cancer Res Clin Oncol. 2013;139:367-78.

Nuclear translocation of pro-amphiregulin induces chemoresistance in gastric cancer.
Yoshida M, Shimura T, Fukuda S, Mizoshita T, Tanida S, Kataoka H, Kamiya T, Nakazawa T, Higashiyama S, Joh T.
Cancer Sci. 2012 ;103:708-15.

Message

胆膵領域の内視鏡を用いた診断・治療、および悪性腫瘍に対する化学療法を中心に診療を行っています。また、大学院時代に始まりアメリカ留学中も消化器癌におけるバイオマーカーの探索を研究テーマとしてきました。内視鏡検査に興味がある方、是非一緒に働きましょう。研究・留学に少しでも興味がある方も歓迎です。