松浦 健太郎

Kentaro Matsuura

  • 役職:病院助教
  • 卒業:2000年 名古屋市立大学
  • 略歴:

    名古屋第二赤十字病院 消化器内科
    藤田保健衛生大学七栗記念病院 内科
    米国国立衛生研究所 客員研究員


専門分野

肝疾患の診断と治療

研究テーマ

ウイルス性肝疾患におけるヒトゲノム解析
肝疾患におけるnon-coding RNAの発現・機能解析

所属学会(資格)

日本内科学会:総合内科専門医
日本肝臓学会:専門医、西部会評議員
日本消化器病学会:専門医
日本消化器内視鏡学会:専門医
日本がん治療認定医機構:認定医
日本臨床検査学会:臨床検査管理医
日本臨床腫瘍学会

業績

Genome-Wide Association Study Identifies TLL1 Variant Associated With Development of Hepatocellular Carcinoma After Eradication of Hepatitis C Virus Infection.
Matsuura K, Sawai H, Ikeo K, Ogawa S, Iio E, Isogawa M, Shimada N, Komori A, Toyoda H, Kumada T, Namisaki T, Yoshiji H, Sakamoto N, Nakagawa M, Asahina Y, Kurosaki M, Izumi N, Enomoto N, Kusakabe A, Kajiwara E, Itoh Y, Ide T, Tamori A, Matsubara M, Kawada N, Shirabe K, Tomita E, Honda M, Kaneko S, Nishina S, Suetsugu A, Hiasa Y, Watanabe H, Genda T, Sakaida I, Nishiguchi S, Takaguchi K, Tanaka E, Sugihara J, Shimada M, Kondo Y, Kawai Y, Kojima K, Nagasaki M, Tokunaga K, Tanaka Y; Japanese Genome-Wide Association Study Group for Viral Hepatitis.
Gastroenterology. 2017;152:1383-94.

Circulating let-7 levels in plasma and extracellular vesicles correlate with hepatic fibrosis progression in chronic hepatitis C.
Matsuura K, De Giorgi V, Schechterly C, Wang RY, Farci P, Tanaka Y, Alter HJ.
Hepatology. 2016;64:732-45.

ITPA genetic variants influence efficacy of PEG-IFN/RBV therapy in older patients with IL28B favorable type infected with HCV genotype 1.
Matsuura K, Tanaka Y, Watanabe T, Fujiwara K, Orito E, Kurosaki M, Izumi N, Sakamoto N, Enomoto N, Yatsuhashi H, Kusakabe A, Shinkai N, Nojiri S, Joh T, Mizokami M.
J Viral Hepatis. 2014;21:466-74.

Message

特に、ウイルス性肝炎、肝癌の診断・治療を中心に診療を行っています。長らくウイルス性肝疾患におけるヒトゲノム研究に従事してきましたが、最近は、肝線維化進展および肝発癌におけるmicroRNAの発現・機能に関する研究も進めています。近年の医療、科学の進歩は凄まじく、肝疾患領域では、ウイルス性肝炎の治療も劇的に進歩しましたが、まだまだ多くの課題が残されています。より良い医療の提供のため、Physician scientistとしての高度な研究を展開していくことが目標です。ともに学びましょう。