内藤 格

Itaru Naitoh

  • 役職:講師(医局長)
  • 卒業:1997年 名古屋市立大学
  • 略歴:

    湖西病院内科、岐阜県立多治見病院消化器科


専門分野

膵・胆道疾患の診断と治療
IgG4関連肝胆膵疾患の診断と治療

研究テーマ

IgG4関連肝胆膵疾患の診断と治療
硬化性胆管炎の診断と治療
悪性胆道狭窄に対する内視鏡的診断と治療

所属学会(資格)

日本内科学会:総合内科専門医
日本消化器病学会:専門医、指導医、学術評議員
日本消化器内視鏡学会:専門医、指導医、学術評議員
日本肝臓学会:専門医
日本がん治療認定医機構:認定医
日本胆道学会:指導医
日本膵臓学会:指導医

業績

Endoscopic transpapillary intraductal ultrasonography and biopsy in the diagnosis of IgG4-related sclerosing cholangitis.
Naitoh I, Nakazawa T, Ohara H, Ando T, Hayashi K, Tanaka H, Okumura F, Takahashi S, Joh T.
J Gastroenterol. 2009;44:1147-55.

Unilateral versus bilateral endoscopic metal stenting for malignant hilar biliary obstruction.
Naitoh I, Ohara H, Nakazawa T, Ando T, Hayashi K, Okumura F, Okayama Y, Sano H, Kitajima Y, Hirai M, Ban T, Miyabe K, Ueno K, Yamashita H, Joh T.
J Gastroenterol Hepatol. 2009;24:552-7.

Small bile duct involvement in IgG4-related sclerosing cholangitis: liver biopsy and cholangiography correlation.
Naitoh I, Zen Y, Nakazawa T, Ando T, Hayashi K, Okumura F, Miyabe K, Yoshida M, Nojiri S, Kanematsu T, Ohara H, Joh T.
J Gastroenterol. 2011;46:269-76.

Message

胆膵領域の特に内視鏡を用いた診断・治療を中心に診療を行っています。またIgG4関連疾患、硬化性胆管炎、悪性胆道狭窄の診断と治療に関する研究を行っています。大学では学生さんや研修医の接することができるのも楽しみのひとつであり、反対に、教えられることも多いです。若い先生方、是非、一緒に働きましょう。