小山 博之

Hiroyuki Koyama

  • 役職:助教
  • 卒業:2006年 京都大学医学部
  • 略歴:

    初期研修:京都大学医学部附属病院、京都市立病院
    後期研修:洛和会音羽病院(総合診療科、糖尿病内分泌内科)
    H23年4月 京都大学大学院医学研究科博士課程 医学専攻<糖尿病・内分泌・栄養内科学分野>
    H28年5月 修了「グレリン分泌細胞におけるGPCR発現の網羅的解析」で医学博士学位取得


専門分野

糖尿病、内分泌疾患、肥満症(メタボリックシンドローム)の診断および治療

研究テーマ

摂食促進ホルモングレリンの分泌調節

所属学会(資格)

日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
日本内分泌学会
日本肥満学会

業績

Comprehensive Profiling of GPCR Expression in Ghrelin-producing Cells.
Koyama H, Iwakura H, Dote K, Bando M, Hosoda H, Ariyasu H, Kusakabe T, Son C, Hosoda K, Akamizu T, Kangawa K, Nakao K
Endocrinology. 157(2):692-704, 2016

Suspected case of lipoedema in Japanese woman with a characteristic histology in skin biopsy.
Koyama H, Tanaka T, Imaeda K
BMJ Case Reports 2017; doi:10.1136/bcr-2017-221049

Message

2016年6月より京都より当職に赴任いたしました。糖尿病やメタボリックシンドローム、一部の内分泌疾患は非常にコモンな疾患であり、総合診療科での経験を活かして専門的治療のみならず全人的に患者さんと触れ合っていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。