片岡 洋望

Hiromi Kataoka

  • 役職:准教授
  • 卒業:1989年 名古屋市立大学
  • 略歴:

    名古屋市立緑市民病院内科、University of Calgary


専門分野

消化管疾患(逆流性食道炎、消化性潰瘍、慢性胃炎、大腸ポリープなど)の診断と治療。食道癌、胃癌、大腸癌の内視鏡診断と治療。食道癌、胃癌、大腸癌の化学療法。

研究テーマ

消化器癌に対する新規光線力学療法、腫瘍イメージングの開発。消化器癌細胞の増殖転移機構における転写制御因子、増殖因子の機能解析。腫瘍溶解性ウイルスによる新規治療法の解析。

所属学会(資格)

日本消化器病学会:専門医、指導医、学術評議員
日本消化器内視鏡学会:専門医、指導医、学術評議員
日本消化管学会:胃腸科専門医、指導医、学会代議員
日本内科学会:総合内科専門医
日本消化器癌発生学会:評議員
日本レーザー医学会:評議員
日本カプセル内視鏡学会:指導医、評議員
日本潰瘍学会:評議員
日本がん治療認定医機構:暫定教育医、認定医
日本癌学会、日本癌治療学会、日本医師会認定産業医、
American College of Gastroenterology member
ESMO member
International Society of Gastroenterological Carcinogenesis  (ISGC) member

業績

Maltotriose conjugation to a chlorin derivative enhances the antitumor effects of photodynamic therapy in peritoneal dissemination of pancreatic cancer.
Kato A, Kataoka H, Yano S, Hayashi K, Hayashi N, Tanaka M, Naitoh I, Ban T, Miyabe K, Kondo H, Yoshida M, Fujita Y, Hori Y, Natsume M, Murakami T, Narumi A, Nomoto A, Naiki-Ito A, Takahashi S, Joh T.  
Mol Cancer Ther. 2017. doi: 10.1158/1535-7163.MCT-16-0670. PMID: 28292934.

A next-generation bifunctional photosensitizer with improved water-solubility for photodynamic therapy and diagnosis.
Nishie H, Kataoka H, Yano S, Kikuchi JI, Hayashi N, Narumi A, Nomoto A, Kubota E, Joh T.
Oncotarget. 2016 8; 7(45): 74259-74268.

Immunogenic cell death due to a new photodynamic therapy (PDT) with glycoconjugated chlorin (G-chlorin).
Tanaka M, Kataoka H, Yano S, Sawada T, Akashi H, Inoue M, Suzuki S, Inagaki Y, Hayashi N, Nishie H, Shimura T, Mizoshita T, Mori Y, Kubota E, Tanida S, Takahashi S, Joh T.
Oncotarget. 2016 Jul 26;7(30):47242-47251.

Message

消化管疾患を中心に診断,治療,研究を行っています.最近の内視鏡機器や癌化学療法の進歩は著しく,消化器領域の診療,研究は益々魅力的になっています.患者さんの数も多くやりがいのある領域ですので,やる気のある若手の皆さん,是非いっしょに仕事しましょう.