宮部 勝之

Katsuyuki Miyabe

  • 役職:助教(内視鏡部)
  • 卒業:1997年 自治医科大学
  • 略歴:

    岐阜県立多治見病院、東白川村国民健康保険病院、国民健康保険荘川診療所、Mayo Clinic, Division of Gastroenterology and Hepatology (博士研究員)


専門分野

膵・胆道疾患の診断と治療

研究テーマ

胆・膵疾患における内視鏡的診断と治療、膵胆道癌における新規診断方法および新規分子標的療法の開発、胆道癌進展とmicrobiomeの関連性

所属学会(資格)

日本内科学会:総合内科専門医
日本消化器病学会:東海地方会学術評議員
日本消化器内視鏡学会:東海地方会学術評議員
日本肝臓学会
日本胆道学会
日本膵臓学会
日本臨床腫瘍学会
American Gastroenterology Association (AGA): active member
American Association of Cancer Research (AACR): active member

業績

Safety and benefits of self-expandable metallic stents with chemotherapy for malignant gastric outlet obstruction.
Miyabe K, Hayashi K, Nakazawa T, Sano H, Yamada T, Takada H, Naitoh I, Shimizu S, Kondo H, Nishi Y, Yoshida M, Umemura S, Hori Y, Kato A, Ohara H, Joh T.
Dig Endosc. 2015 Jul;27(5):572-81. doi: 10.1111/den.12424.

Locus/chromosome aberrations in intraductal papillary mucinous neoplasms analyzed by fluorescence in situ hybridization.
Miyabe K, Hori Y, Nakazawa T, Hayashi K, Naitoh I, Shimizu S, Kondo H, Nishi Y, Yoshida M, Umemura S, Kato A, Ohara H, Joh T, Inagaki H.
Am J Surg Pathol. 2015 Apr;39(4):512-20. doi: 10.1097/PAS.0000000000000360.

Histological evaluation of obliterative phlebitis for the diagnosis of autoimmune pancreatitis.
Miyabe K, Notohara K, Nakazawa T, Hayashi K, Naitoh I, Okumura F, Shimizu S, Yoshida M, Yamashita H, Takahashi S, Ohara H, Joh T.
J Gastroenterol. 2014 Apr;49(4):715-26. doi: 10.1007/s00535-013-0818-x.

Message

胆膵内視鏡診断・治療が隆盛となっている一方で、一部の早期ステージで発見される場合を除き、いまだ胆膵癌の予後はよくありません。私の研究テーマは、現行の手技で採取できる検体などを用いて、診断困難な胆膵癌の早期発見につながる遺伝子マーカーの発見や、新規治療方法を開発することです。医療は患者さんを第一に考えて厳しく行い、研究は無理なくできるだけ掘り下げて行うことを目標としています。若い先生方と楽しく仕事ができるよう取り組んでいきたいと思っています。