夏目 まこと

Makoto Natsume

  • 役職:病院助教
  • 卒業:2005年 愛知医科大学
  • 略歴:

    岐阜県立多治見病院消化器内科、名古屋市立緑市民病院消化器内科


専門分野

膵・胆道疾患の診断と治療

研究テーマ

微小環境からみた癌進展のメカニズムの解明

所属学会(資格)

日本内科学会総合内科認定医、専門医
日本消化器病学会:専門医、学術評議員
日本消化器内視鏡学会:専門医、指導医、学術評議員
日本消化管学会:認定医
日本がん治療認定医機構:認定医
日本肝臓学会:専門医
日本胆道学会:指導医
日本膵臓学会
国際膵臓学会
日本糖尿病学会

業績

Omental adipocytes promote peritoneal metastasis of gastric cancer through the CXCL2-VEGFA axis
Makoto Natsume, Takaya Shimura, Hiroyasu Iwasaki, Yusuke Okuda, Kazuki Hayashi, Satoru Takahashi,
Hiromi Kataoka
British Journal of Cancer

Placental growth factor is a predictive biomarker for ramucirumab treatment in advanced gastric cancer
Natsume M, Shimura T, Iwasaki H, Okuda Y, Kitagawa M, Okamoto Y, Hayashi K, Kataoka H.
Cancer Chemotherapy and Pharmacology

Message
胆膵領域の診断治療を中心に診療を行っています。また、胃癌や大腸癌の基礎研究を大学院生の期間は行っていました。
最近は医局内でも女性の消化器内科医が増えてきており、大腸内視鏡検査では女性医師の需要を感じます。
定期的に女医会も開催しています。是非一緒に楽しく働きましょう