堀 寧

Yasuki Hori

  • 役職:臨床研究医
  • 卒業:2005年 名古屋市立大学
  • 略歴:

    名古屋第二赤十字病院 消化器内科
    Mayo Clinic Department of Gastroenterology and Hepatology


専門分野

膵・胆道疾患の診断と治療

研究テーマ

悪性胃十二指腸狭窄に対する金属ステント留置の検討
金属ステントの力学的特性
膵臓癌の遺伝子解析
形態学からみた慢性膵炎の新規分類の提唱

所属学会(資格)

日本内科学会:認定医
日本消化器病学会:専門医
日本消化器内視鏡学会:専門医
日本肝臓学会:専門医
日本胆道学会
日本膵臓学会

業績

Predictors of outcomes in patients undergoing covered and uncovered self-expandable metal stent placement for malignant gastric outlet obstruction: a multicenter study.
Hori Y, Naitoh I, Hayashi K, Ban T, Natsume M, Okumura F, Nakazawa T, Takada H, Hirano A, Jinno N, Togawa S, Ando T, Kataoka H, Joh T.
Gastrointest Endosc. 2017 Feb;85(2):340-348.

New concept of traction force applied to biliary self-expandable metallic stents.
Hori Y, Hayashi K, Yoshida M, Naitoh I, Nakazawa T, Miyabe K, Shimizu S, Kondo H, Nishi Y, Umemura S, Kato A, Ohara H, Joh T.
Endoscopy. 2016 May;48(5):472-6.

Impact of TP53 codon 72 and MDM2 SNP 309 polymorphisms in pancreatic ductal adenocarcinoma.
Hori Y, Miyabe K, Yoshida M, Nakazawa T, Hayashi K, Naitoh I, Shimizu S, Kondo H, Nishi Y, Umemura S, Kato A, Ohara H, Inagaki H, Joh T.
PLoS One. 2015 Mar 3;10(3): e0118829.

Message

胆膵領域の診断・治療・研究を中心に、さらにその内視鏡治療に使用されるデバイスの力学的な特性の研究を行っております。日常臨床における疑問を新たな切り口で解決できることが目標です。今後は米国にて学んだ形態学からみた慢性膵炎の新規分類の提唱を行っていきたいと考えております。